森料理店

森料理店

森料理店

2017年もありがとうございました!

今年も皆様、
森料理店をご愛顧頂きましてありがとうございました。
 
2017年もご来店くださいました全ての皆様と、
お客様と私共を繋げてくれた「森料理店」に感謝を込めて…
 


| 2017年12月31日 13:18:21 | 森料理店の厨房から |


大掃除

おかげさまで

今年も無事に1年の営業を終えることができました。
 
感謝の気持ちを込めて
お店も家具もピカピカに
磨き上げました。
 


| 2017年12月31日 13:17:02 | 森料理店の厨房から |


今日の主役!

スタンバイ完了。
 
あとは粉雪が降るのを待つだけ〜
 


| 2017年12月24日 09:21:50 | 森料理店の厨房から |


ジャンボ!

こんな大きな柚子を初めて見ました!

 
先週からお店に飾って鑑賞しています。
 
 
昨日ご来店いただいたお客様から
 
これは「鬼柚子」なのよ!
 
と、名前を教えていただきました。^_^
 
 
お…おにゆず。とはスゴイ名前だ!
 
 
こんなに大きいのに、意外に軽いんですよ。
 


| 2017年12月24日 09:20:50 | 森料理店の厨房から |


包丁

以前、このブログでもお話させていただいた
岐阜の包丁職人さんとの出逢い。

シェフが使わせて頂きたく思い、
2本の包丁を依頼してありました。


その包丁が完成し、
森料理店の10周年に合わせて届けていただきました。

その包丁の名は

「礼頂之蓮(らいちょうのれん)」

関市に工房をお持ちの
「小林弘樹氏」の包丁です。

小林弘樹氏の包丁への想いをお聞きしておりますと、

生命を頂き、食する事への感謝の気持ち…

現代に生きる私達が忘れかけている本当に大切なことを

私達は礼頂と出逢い、
礼頂を通じて、
これから先、食することへの尊さをたくさん学ばせていただけるのだと感じます。

一言で言うなら「ものすごく良く切れます。」

食材の細胞を傷つけずに切れるので、
まな板に、食材の持つ水分や色素さえもほとんど付きません。

切れ味で食材の味わいが明らかにかわります。

…そんな異次元な包丁です。


一般販売はしていらっしゃいませんが、
切れ味を体感してみたい方は
ぜひ森料理店までご連絡ください。

私の文章力では
とうてい伝わらないと思いますが、
とにかく素晴らしい包丁です。



そして、サプライズが!!

なんと小林氏より
森料理店10周年のお祝いに

「森料理店10周年」

と刻印されたペティナイフを
プレゼントしていただきました!

感激です!

これらの包丁は
シェフの大切な相棒として、
ここからの森料理店と共に
同じ時を過ごしていきます。

素晴らしい出逢いに感謝いたします。

ありがとうございます。


| 2017年12月21日 17:16:11 | 森料理店の厨房から |


1 2 | 3 |


プロフィール

当店はシェフとマダムの二人で営む18席の小さなフランス料理店です。森料理店での日々の出来事や食材入荷、時々シェフのことなど…マダムからの目線で皆様にお伝えしていきます。

カレンダー

<<   2019年 04月  >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

アーカイブ


2019 年 4 月 (7)
2019 年 3 月 (5)
2019 年 1 月 (2)
2018 年 12 月 (7)
2018 年 11 月 (1)
2018 年 10 月 (8)
2018 年 9 月 (1)
2018 年 8 月 (2)
2018 年 7 月 (3)
2018 年 6 月 (3)
2018 年 5 月 (1)
2018 年 3 月 (8)
2018 年 2 月 (4)
2018 年 1 月 (5)
2017 年 12 月 (14)
2017 年 11 月 (5)
2017 年 10 月 (9)
2017 年 9 月 (3)
2017 年 8 月 (4)
2017 年 7 月 (4)
2017 年 6 月 (5)
2017 年 5 月 (7)
2017 年 4 月 (3)
2017 年 3 月 (1)
2017 年 2 月 (4)
2017 年 1 月 (9)
2016 年 12 月 (12)
2016 年 11 月 (3)
2016 年 10 月 (6)
2016 年 9 月 (9)
2016 年 8 月 (5)
2016 年 7 月 (12)
2016 年 6 月 (26)
2016 年 5 月 (18)
2016 年 4 月 (5)
2016 年 3 月 (11)
2016 年 2 月 (8)
2016 年 1 月 (13)
2015 年 12 月 (6)
2015 年 11 月 (9)
2015 年 10 月 (9)
2015 年 9 月 (9)
2015 年 8 月 (9)
2015 年 7 月 (8)
2015 年 6 月 (12)
2015 年 5 月 (7)
2015 年 4 月 (11)
2015 年 3 月 (9)
2015 年 2 月 (6)
2015 年 1 月 (4)
2014 年 12 月 (7)
2014 年 11 月 (11)
2014 年 10 月 (11)
2014 年 9 月 (19)
2014 年 8 月 (4)
2014 年 7 月 (6)
2014 年 6 月 (1)
2014 年 5 月 (6)
2014 年 4 月 (3)
2014 年 3 月 (4)
2014 年 2 月 (5)
2014 年 1 月 (6)
2013 年 12 月 (13)
2013 年 11 月 (13)
2013 年 10 月 (7)
2013 年 9 月 (7)
2013 年 8 月 (18)
2013 年 7 月 (10)
2013 年 6 月 (7)
2013 年 5 月 (9)
2013 年 4 月 (8)
2013 年 3 月 (7)
2013 年 2 月 (6)
2013 年 1 月 (17)

  • トップに戻る